お知らせ

第28回 日本臨床環境医学会学術集会 in 北里大学

  • 2019年06月27日
  • セミナー

 第28回日本臨床環境学会学術集会は、発症に微量化学物質の関与が大きいと考えられるシックハウス症候群の解明を大きな研究主題として取り組んできた学会。2019年6月22日(土)~23日(日)に北里大学プラチナタワー12階で開催されました。角田 正史(名古屋大学大学院医学系研究科 環境労働衛生学 教授)先生が大会長を務め、「臨床環境医学の過去・現在・未来」をメインテーマに掲げられました。この度、弊社(さんぎょうい株式会社)も共催としてランチョンセミナーに参加する機会をいただきました。

第28回日本臨床環境医学学会学術集会ポスター.jpg

◆ランチョンセミナー【6月22日(土)12:00~13:00 メイン会場】

ランチョンセミナーでは、「-ストレスチェック制度の実際-」をテーマに、岩澤 聡子先生(防衛医科大学校 衛生学公衆衛生学講座)に演者を務めていただきました。医師・研究者・職域の産業スタッフなど多くの皆様が来場、聴講されました。【※写真:岩澤先生(左)(右)】


岩澤先生画像①.jpg   岩澤先生画像②.jpg

                「-ストレスチェック制度の実際-」
               1.制度の趣旨・目的
               2.基本的な考え方
               3.衛生委員会における調査審議事項
               4.ストレスチェックの実施方法等
               5.面接指導の実施方法等
               6.集団ごとの集計・分析と職場環境改善
               7.労基署報告
               8.留意事項:健康情報の保護、不利益取り扱い禁止
               9.その他

 ランチョンセミナーを終えまして、お声掛けいただきました角田 正史先生、ランチョンセミナー演者いただきました岩澤 聡子先生に心より深謝致します。また、多くの皆様方からご協力を頂き、誠に有難うございました。
この学会が一層の発展に繋がることを祈念いたします。