お知らせ

無料ハイブリッドセミナー『さんぎょういシンポジウム~健康戦略の視点から考えるダイバーシティー』のご案内

  • 更新日:2021年06月04日

  • 公開日:2021年06月04日

  • ニュース

【告知案内】7月1日(木)無料WEBセミナー!

弊社にて
産業医・保健師・人事労務担当者・ヘルスケア産業に関わる企業方向け無料WEBセミナーを開催致します。


◆テーマ◆

『 健康戦略の視点から考えるダイバシティ 』

20210701さんぎょういシンポジウム(ハイブリッド).jpg

労働人口の減少や世界を席巻する感染症により、ニューノーマルという言葉が新たな意味合いを持ち、健康経営やダイバーシティの取り組みも加速度的に進んできています。
そのような新たな社会環境において、それぞれの企業が考えられる健康戦略や、ダイバーシティとその行動について、さらに今回は女性の健康とキャリアの視点も加え、シンポジウムを開催いたします。
講演には、健康ビッグデータにいち早く取り組み、多方面よりそのイノベーティブな取り組みが賞される村下公一教授(弘前大学)、今新たに注目される女性の健康と、企業の女性活躍推進への取り組みについて、西岡笑子教授(防衛医科大学)、数多くの企業産業医としての経験と、休職復職に対する大規模研究への取り組みから、就労との両立支援について遠藤源樹教授(順天堂大学)の各分野から3名の著名な専門家をお迎えし、ご登壇いただきます。
健康戦略の視点から考える、これから企業が取り組むダイバーシティの在り方について、人事に関わるビジネスパーソンのみならず、 産業保健に関わる全ての関係者の皆さんにとって、現在必要な情報提供の場となりましたら幸いです。

◆プログラム◆

14:00~14:10:司会ご挨拶

14:10~15:00:【基調講演】
『 ニューノーマル時代の未来型ヘルスケアサービス(DX)戦略 』
-健康ビッグデータをベースとした産学官民連携『寿命革命』エコシステムの追求-

弘前大学は、政府COI拠点として花王・味の素・明治安田生命・カゴメなどの約70の企業や機関の強力な産学官民金連携チームで「寿命革命」を旗印に健康長寿社会の実現に取り組んでおり、16年間蓄積した超多項目健康BDが最大の特長である。AIを駆使した健康BD解析による革新的な疾患予兆法・予防法の開発、社会実装(事業化)に向けての取組を多角的に展開している。特に新健診モデル「QOL健診」は健康教育に機軸を置き、受診後のヘルスリテラシ―向上、行動変容を目指した新たなプログラムであり、現在ニューノーマル時代(DX)への対応を促進している。

村下 公一 氏
弘前大学 健康未来イノベーションセンター(医学研究科附属/COI研究推進機構)副センター長・教授/弘前大学COI副拠点長(戦略統括)

15:05~15:55

『 女性が一生働く時代に企業は女性をどうケアする?』

女性が一生働く時代に企業に求められることは「女性の心身の特徴」を踏まえたサポートです。女性の心身は、月経による周期的な変化、結婚・出産といったライフイベントや更年期など、ライフステージごとに大きく変化します。この女性特有の心身の変化をふまえて「はたらく」を考えれば、女性従業員のパフォーマンスは今以上に向上します。女性自身もなりたい自分、叶えたい人生に近づくことができます。
シンポジウムでは、全国の働く女性を対象に行ったweb調査の結果も含めて講演する予定です。

西岡 笑子 氏
防衛医科大学校 医学教育部 看護学科母性看護学講座教授

15:55~16:05
さんぎょういサービスご案内

<10分休憩>

16:15~17:05
『 不妊治療と就労の両立支援~少子化時代の働き方改革~ 』
遠藤 源樹 氏
順天堂大学大学院医学研究科公衆衛生学講座 准教授

17:10:終了予定


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■お申込み方法
①「来場参加」
お申込み先着20名様に限り、ご来場可能となります。「来場参加」の方は、下記お申込フォームからお願い致します。定員に達し次第、締切りとさせていただきます。予めご了承ください。
(当日会場:さんぎょうい(株)セミナールーム/当日会場受付開始:13:00~)
https://www.sangyoui.co.jp/seminar/form_seminar.html


②「オンライン参加」
オンライン参加のみのお申込み受付となります。下記お申込みフォームよりお願い致します。お申込み確認後、開催前日までにメールにて事前登録の招待URLをお送りいたします 。
https://www.sangyoui.co.jp/seminar/form_seminar2.html


ご参加を心よりお待ちいたしております。

以上