お知らせ

「働き方改革関連法への対応」セミナーを開催

  • 2019年03月25日
  • ニュース

講師紹介

  • 家永 勲 氏
    弁護士法人ALG&Associates 執行役員・弁護士

当日レポート

3月6日(水)開催後、反響が大きく20日(水)にも急遽、追加開催を弊社セミナールームにて開催。
参加者の皆様の多くが関心を持たれ、今のうちに準備しておかなければいけないという思いが伝わってきたセミナーとなりました。

ご登壇は、弁護士でもあり弁護士法人ALG&Associates の家永 勲先生。
テーマ『働き方改革関連法への対応』と題して講話いただきました。
働き方改革関連法案が国会で成立し、2019年4月1日から順次施行されるにあたって、企業が優先的に取り組むべき事項など重要なポイントを中心に解説。
家永氏がとくにお伝えしたいポイント3つについて事例を交え、具体的且つこれまでのご経験を踏まえた内容をご教示いただきました。
〇時間外労働の罰則付き上限規制(2019年4月大企業、2020年4月中小企業)
〇年次有給休暇の消化義務(2019年4月)
〇同一労働同一賃金の促進(2020年4月大企業、2021年4月中小企業)

IMG_家永弁護士.jpg IMG_セミナー風景.jpgのサムネイル画像

また、労働安全衛生法の改正点として企業に対する産業医の関与が深められること、産業医の独立性や中立性強化についても最新の動向を交えながら解説していただきました。
実務のなかでは様々なケースが想定されるため、今後出されるQ&Aなどにもしっかり目を通し、対応していく必要がありそうです。
3時間にわたり盛沢山で大変充実したセミナーとなりました。
今回もご来場いただきました皆様、お忙しい中誠に有難うございました。

次回4月の開催セミナーは、4月17日(水)14:00~16:00『医師が考える!!ハラスメントを生まない職場づくり』を予定しています。
乞うご期待下さい!!

取り扱ったテーマ

働き方改革関連法への対応(括弧内は施行時期)

・時間外労働の罰則付き上限規制(2019年4月大企業、2020年4月中小企業)
・年次有給休暇の消化義務(2019年4月)
・同一労働同一賃金の促進(2020年4月大企業、2021年4月中小企業)
・フレックスタイム制の清算期間延長(2019年4月)
・高度プロフェッショナル制度の導入(2019年4月)
・中小企業の割増賃金率の引き上げ(2023年4月)
・産業医の関与と独立性及び中立性の強化(2019年4月)