産業医の紹介から従業員の健康管理、労働安全衛生の運営サポートまでを一括受託

MENU

03-6304-5560

受付時間 10:00~17:00(平日)

  • 私たちについて
  • 企業の皆さま
  • 産業医の皆さま
  • 会社概要
  • リンク

ニュース・ブログ

【Dr.えんの陽だまりサロン】家康さんは健康名人

  • 2018年05月01日
  • ブログ

もうすぐゴールデンウィークですね。
楽しみにしている方も大勢いらっしゃることでしょう。
でもなかには連休明けに仕事や勉強に身が入らずうつ病に似た症状が出る人がいます。

いわゆる「五月病」ですね。
そもそも五月病という病名は医学上ありません。
大学の新入生や新入社員などが新しい環境にうまく適応できないために起こってくる精神不安定な状態のことを言います。
4月に環境が変わって、緊張していたのがとれてホッとして疲れが出るのが1ヶ月位経った5月というわけです。
症状としては次のようなことがみられます。
201804_1.jpgのサムネイル画像
    [症状]
     ・何もやる気が起こらない
     ・朝おきれない
     ・眠れない
     ・不安だ
     ・身体のさまざまな不調

うつ病と違う点は、これらの症状は環境の変化による一過性のもので、多くの人は新しい環境に慣れるに従って改善していきます。
大切なのは、早く自分のストレス状態に気付くことと何らかのストレス解消法を持つことです。

皆さんご存知の徳川家康は、健康を維持するための3つの秘策を持っていて201804_4.jpg
「健康名人」だったと言われています。
その3つをご紹介します。

  ・「鍛」...「鷹狩り」を好んでよくやった
  ・「薬」...「漢方薬」に造詣が深く、自分で飲む薬は自分で調合
  ・「癒」...「温泉」大好き。熱海の源泉を江戸まで運ばせるほど

江戸幕府250年の礎を作り、当時としては珍しく75才という長寿だったのです。
偉業というものは健康に過ごす毎日の積み重ねの果てに在るのですね。
豊臣秀吉があと数年長生きしていたら、歴史は全く違うものになっていただろうと言われているくらいです。

新入社員の皆さんも将来自分がこの会社の社長になってやろうと思われているなら、まず第一に家康さんを見習って自分なりのストレス解消法をみつけることです。
これなら誰にでもいつからでも始められますね。
201804_2.jpgのサムネイル画像
ストレス解消法の具体的な方法をご紹介します。

    [ストレス解消法]
     ・ゆっくり休養をとる
     ・ゆっくり湯船につかる
     ・人に話を聞いてもらう
     ・スポーツをして汗を流す
     ・大きな声を出してスポーツ観戦する201804_3.jpgのサムネイル画像
     ・カラオケで大声で歌う
     ・レジャーや旅行をする
     ・好きな音楽を聴く
     ・昔、得意だった趣味を再開する etc

今回の話は何も新人さんに限ったことではありません。
職場の異動があり、慣れていない業務内容に悩んでいる方にも同じことが言えます。

是非、皆さん「セルフケア」に心掛けましょう!!
そして生き生きと仕事とプライベートを楽しみながら過ごしていきましょう。